2004年12月21日

冬休み

とうとう冬休みに入ってしまった。
子供達は最終の残り3ヶ月で進学・進級になる。
いろいろな問題が発覚してから
かれこれ足掛け2年。
本当に長い2年だと思う。
4月になる前に問題の終結を願っているけれど、
ここのところ何の進展も見られない。
表面上は静かだが、水面下の動きが全くわからない。
父母の動き然り、学校当局然り である。
ある意味学校当局の態度は、
時間の経過と共に水に流してしまおうという思惑を感じてしまうのは私だけだろうか?
人事権は理事会にあるものであるから、一般の父母が口出し出来るものではないが。
教員募集が出ていたりすると「方針が変わるのか?」と不安に駆られるのは私だけではないと思う。
私個人の感覚では、新しい人材の登用は決して悪ではないと思う。
情熱溢れる若い人材が教育現場を活性化してくれることもあると思うから。

人にものを教えるという職業は、
生徒に与える影響力たるや絶大なものがあると思う。
決して「学力優秀」なだけでは教師として合格では無いだろう。
現在でも特殊なカラーに染まったままの教師達は
それを必要とする職場に移っていただけたなら
世間一般の常識の中で逞しく生きる力を持った子供達を育てる事の出来る新しい人材をたくさん登用することが出来るのではないかと淡い期待を持っている。

とにかく・・時間が無い!
タイムリミットは目前である。
posted by vivi at 11:04| Comment(28) | TrackBack(4) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

裁判用の詭弁

って?何かなぁ?
裁判用に嘘ついたら「偽証罪」というものになるはずなのに?
裁判用のことば・・とわざと書いたという言い訳をしていた人は、
突っ込みを入れた人を調べたという嘘もついていたっけ。

調べた結果が作り話だという事実を知ってる本人がいるとは思わないのかな?
viviちゃんは、別人に仕立てられておりました(@^▽^@)きゃはは

子供達と語る会が開催された模様。
「信者は2割かなぁ?」との読みあり。
ただ・・「質問にきちんと答えられないのはかっこ悪い」との意見もありましたよ。
ついでに・・・
はぐらかされた印象を持った子もいたようなので、
そこを突っつかれるような気がする。

年度内に終息の見込みは何パーセントくらいなのでしょうか?
posted by vivi at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

矛盾?

学力は高い方がいい?
でも縛られるばかりではいやだ・・
勉強だけすればいいといわれたら反発する
だけど有名大学へ進学したい(させたい)

公金を使い込みしたことは悪いかもしれないけど
人格者だと言い張る論理。
裏で糸を引いていたのに「自分は関係ない」と言い張る度胸。
裏切られてるとも思わずに、信頼し続ける狂信者。

遊びにも夢中になれない子供
友人関係を築くことが出来ない人々

日本の坩堝を見ているよう。

私は狂信者のようになりたくない。
でも狂信者であるかもしれない人々を裁くことはしない。
なぜなら・・私から見たら狂信者に見える人々も
それぞれの人生を歩んでいるのだから。
かかわりを持たずにいられたらいいなぁと願う。

もしかかわらなければならなかったとしたら?
私はその方たちを批判したりはしないだろう。
なぜなら・・・人に批判されることを好む人は居ないと思うので、
私は自分がされたくないことを相手にもしないようにしているだけ。

私とは考え方が違うということを意思表示する。
これ(自分の意思表示)だけは・・きっと必ずするだろう。
posted by vivi at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

応援すること 見守ること

子供を教育する場は学校だけではない。
それぞれの自宅においても
躾や基本的な常識、生活習慣などなど
親でなければ(または保護者)教えられないこともあると思う。
それを放棄して、すべてを学校に期待するのは、
虫が良すぎるというものだ。

学校がよくなることは大いに応援すべきこと!
応援することの中身としては、
じっくり先生方を見守るという姿勢と
時には援護射撃的な行動を起こさなければならないこともあるだろう。

学校の中で授業展開や教材研究に工夫をしていなかったり、
生徒一人一人に愛情を持たなかったり、
仕事は自分の家庭を守るためだけにするものと思っている教師がいたとしたら・・
それは、職務怠慢であると思う。

そして、何よりも大切なのは
同じ失敗を二度と繰り返さないという自覚にあるのではないだろうか?
人は誰でも過ち(犯罪に直結せずとも・・)を犯してしまうことがある。
過ちを過ちとわかっていながら、
加担したり隠したりするのは過ちとは言わないのかもしれない。
殺人でも「これをしたら・・・死ぬかもしれない」と思いながら続けた行為の結果
被害者がなくなった場合
「未必の故意」ということを問われるだろう。

過ちに気付き、過ちを認め、過ちを改めたことは
賞賛すべきことだと思う。
苦境にたたされたこともあったと想像に値する。
過ちを改める行動は、相当の勇気が必要だったことと推察している。

すでに過ちがあったことを本人が認めているにもかかわらず
それをあたかも
善意で行ったらたまたま法に触れただけ・・などと言い逃れをし、
過ちを認めることを潔しとしない頑なさを持ち続ける人を
(その人が学力的に相当高度なものをお持ちだとしても)
私は応援することはない。
posted by vivi at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

摩訶不思議な論理

1、法的に許されても倫理的には許されないこと
2、善意に基づく行為がたまたま法に触れただけのこと
3、合法的な行為が倫理的に悪であったり、非合法的なことが倫理的に許されるといった程度の認識ももてない人間は、恐ろしく見方が平板で、底が浅く、想像力や思考力、感受性に乏しいと思うはずです。

上記の1〜3はある方がある掲示板に同じ記事の中で書き込まれていたことです。

1と2では、善意の第3者が行ったことだと主張し、
3においては・・それをくつがえすかのような論理を展開していませんか?

なんだか・・何を主張したい方なのかわかりません。
私の理解力不足でしょうか?


1について・・
法的に許されてはいても感情的には納得がいかない・・これなら私にも解る
2について・・
この善意に基づいてと書かれた方がその善意を心底から信じているのだろうということは解る。でも善意の皮を被って人を騙していたことが暴かれていたとしたらいかがなものか?
3について・・
非合法な行為が倫理的に許される世界ってどこにあるのかなぁ?

やっぱり私には理解不能です。

1,2,3、を書いた方・・
教師らしいんですけどね。
うちの子に直接かかわることのない教師だといいなぁ!!
posted by vivi at 14:18| Comment(11) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

教育とは・・

心の教育が必須だと思う今日この頃。
公共のものを大切にする。
目上の人への言葉遣いを考える。
単語の羅列のような会話をせず、正確に話す。
礼儀とかは規則に縛られるからするものではない。
相手を思いやる心が育てば
それが形となって現れて来るものだと思う。

規則だけに捕らわれて
本質を見失ったとき
思考力のない、支持待ちしか出来ない大人が育つと思う。

自分の責任とか自分の思いを相手に伝えたり
相手の思いを汲み取ったり、
相手を思いやる心を持つことの重要性を
再度考える時代に入ったのではないかと思う。

学力が高くても
世間に適応できない若者が増えているという。
その原因を大人たちはきちんと把握する努力をしていかないと・
日本そのものが滅びていくような不安に苛まれる。
posted by vivi at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。