2004年12月02日

摩訶不思議な論理

1、法的に許されても倫理的には許されないこと
2、善意に基づく行為がたまたま法に触れただけのこと
3、合法的な行為が倫理的に悪であったり、非合法的なことが倫理的に許されるといった程度の認識ももてない人間は、恐ろしく見方が平板で、底が浅く、想像力や思考力、感受性に乏しいと思うはずです。

上記の1〜3はある方がある掲示板に同じ記事の中で書き込まれていたことです。

1と2では、善意の第3者が行ったことだと主張し、
3においては・・それをくつがえすかのような論理を展開していませんか?

なんだか・・何を主張したい方なのかわかりません。
私の理解力不足でしょうか?


1について・・
法的に許されてはいても感情的には納得がいかない・・これなら私にも解る
2について・・
この善意に基づいてと書かれた方がその善意を心底から信じているのだろうということは解る。でも善意の皮を被って人を騙していたことが暴かれていたとしたらいかがなものか?
3について・・
非合法な行為が倫理的に許される世界ってどこにあるのかなぁ?

やっぱり私には理解不能です。

1,2,3、を書いた方・・
教師らしいんですけどね。
うちの子に直接かかわることのない教師だといいなぁ!!
posted by vivi at 14:18| Comment(11) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。